世の中は複雑で負けないようにしないと

世の中はテレビが表現するほど簡単な構成になっていないことは、皆さんご存じですね。地図もこの複雑な世の中をできるだけ分かりやすく可視化するための手段なのですが、よくこの複雑さに負けそうになります。

表現するためのテーマを絞り込み、明瞭、簡潔であることが重要です。お客さんはあれもこれも「追加してヨ」と言ってきますが、いつもあるべき姿を考えと使う人の視点に立ち、お客さんをうまく誘導しないといけません。

さておき、この複雑さに負けてしまった事例が紹介されていました。

http://incredimazing.com/page/Afghanistan_Stability_COIN_Dynamics

afghanistanStability

アフガニスタンの状況を述べた図ですが、すごく複雑なことはよくわかりますが、中身についてはなにも伝わってきません・・・。
これはきっと「私、がんばってしらべましたヨ!」という心理か、「もっと予算くださいヨ!」とゆう心理かが、図に投影されていることのではないかなと思います。そうでなければ現実の複雑さに負けたのでしょう。

今度はEUの問題国についての図です。

http://www.nytimes.com/interactive/2010/05/02/weekinreview/02marsh.html

02marsh-image-custom1-v3

こちらも複雑ではありますが、国家間の負債状況がわかりやすく視認できるようになっています。
人間が視認しやすい5角形構成をベースに外側との関係性を表現、負債額を面積表現(矢印面積はちょっと怪しいかな)しています。色もニュートラルになるように気を付けていることがわかります(ポルトガルはちょっと強いかな)。

すべてセオリーどおりですが、その組み合わせ方をこの主題の表現に適用したことに感心します。よく問題を見抜いたうえ、よく考えないとここまでは書けません。

今日は地図の話ではありませんでしたが、なにか身につまされましたのでこんな話題になりました。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。